テラテックなひとびと

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< アーチダム! 男の子?としてはたまらんスケールです。 | TOP | あなたの住む宅地や街の危険性の情報を、あらかじめ知っておいてください。 >>

2014.08.29 Friday

iTECS(アイテックス)で、ひび割れの深さを測っております。

0
    少し前の調査事例の紹介になります。

    衝撃弾性波試験器iTECS(アイテックス)によるひび割れ深さの測定の状況です。
    (iTECSの詳細は、HPの方をご参照ください)


    見えにくいですが、真ん中の線のところにひび割れが入っています。
    そのひび割れから左右均等の箇所を、片側にセンサーを置き、もう片側をインパクターで叩いて、その受信波の状況から、ひび割れの深さを求めます。

    劣化した表面のコンクリートを打ち替えた後なのですが、施工後すぐにひび割れが入っていまい、それがどのくらい深くまで入っているか調べてほしいという依頼でした。

    ひび割れそのものは、いわゆる乾燥ひび割れに過ぎず、構造的に問題となるひび割れではないのですが、そこから水などが浸透して新たな劣化進展を引き起こしかねないためです。

    測定の結果、ほぼ、打ち替えた新コンクリートの厚さに至るくらいまで深く、ひび割れが達していると推定されました。
    JUGEMテーマ:モブログ

     

    コメント

    コメントする









    ▲top