テラテックなひとびと

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を示す「全国地震動予測地図」が改訂されました。 | TOP | 塔のへつりに行ってきました(味噌を買ったり^^) >>

2016.06.12 Sunday

高さ1.3mの水路トンネルの調査続報、コンクリート躯体の状況を詳細に調査します

0


    5/14記事の箇所の 水路トンネルの、詳細調査です。
    鉄筋探査、はつり調査、コアカッターマシンによるコア抜き(→室内強度試験)を行いました。

    コアカッター、といっても、高さ1.3mのトンネルの中では、正直難しいので、外部に露出している箇所の天端で外から中へと掘りました。

    抜いてビックリ、5/14記事の写真のように「壁面の見た目は意外にキレイ」だったのですが、表面に2cm程度のモルタル補修が行われていて、その内側はジャンカ(豆板、材料分離)が顕著に生じていることが判明しました。

    このような、戦前の時代の建設の水路トンネルでは、左官塗りで補修されていることが時々あります。
    ・・という経験は持っていたのに、あまりにキレイに仕上げられていて(剥がれているところが見えず)危うくダマされるところでした。^^;

    これらの成果を用いて、応力解析を行って、補修程度で現況で問題ないのか、大規模な改修が要るのか、検討を進めます。

    手前味噌で恐縮ですが、コアカッターまで自前で出来ることや、対策を見据えて業務を一貫して行えることが、当方の強みです。

    JUGEMテーマ:土木

    コメント

    コメントする









    ▲top