テラテックなひとびと

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 高さ1.3mの水路トンネルの調査続報、コンクリート躯体の状況を詳細に調査します | TOP | みなさん、東北のこと、忘れてないですか?  >>

2016.06.17 Friday

塔のへつりに行ってきました(味噌を買ったり^^)

0
    160616_1525~01.jpg 160616_1535~01.jpg

    仕事の合間に、南会津の、「塔のへつり」に行ってきました。

    旅番組などで、「大内宿」というのが有名ですが、そこの近くで、観光バスツアーでは一緒の観光ルートに入る場所です。

    以下、Wikipadiaの「塔のへつり」の記事から引用。
    塔のへつり(とうのへつり)は、福島県南会津郡下郷町にある景勝地。河食地形の奇形を呈する好例として、国の天然記念物に指定されている。(中略)
    一帯は第三系凝灰岩、凝灰角礫岩、頁岩などが互い違いになっており、その軟岩部が長年の歳月による侵食と風化の作用によって形成された柱状の断崖である。一帯は樹木に覆われており、新緑や紅葉の頃は一際美しい。
    全長200mにわたって、大規模な奇岩が整列している。


    上記のような侵食により、搭の形が立ち並ぶ崖面が、川沿いに形成されております。

    時期は梅雨の最中、小雨が降ったりやんだりの天気でしたが、川沿いではさわやかでした。
    上記の記事のとおり、気持ちいい新緑を眺めながら、地質のドラマに浸る、至福のひとときでした^O^

    ・・というロマンチック?な話を書いていますが、訪問理由は別にあります。
    ここの土産物店のひとつで、自家製味噌を売っており、それが家族から絶賛で「買ってきて」指令が出るためです^^;
    10年来、この辺での仕事があるたびに寄っております。

    とはいえ、いつもは慌ただしく買うだけのところ、今回は時間に余裕もあって、はじめてというくらい、のんびりしました。

    それにしても、右の写真の「昔ここは海だった」という張り紙は、インパクトあります。
    事実ではありますが、自分ではここまで断言して書けないですね。(けなしているのではないので、念のため)

    「『ここ』というのは、まさにこの場所(緯度経度変わらず)を指すのなのか?それとも堆積した環境を指すのか??」とか、(日本列島は移動しているので)
    「堆積環境は、カルデラ湖と書いてあったような??」とか、
    専門バカの悲しい性で、ぐちぐち考えてしまいます。

     
    JUGEMテーマ:土木

    07:17 | 地質 | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする









    ▲top