テラテックなひとびと

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 最近のCPD、その4、ロープ高所作業特別教育 | TOP | 春の北アルプス >>

2016.10.07 Friday

最近のCPD、その5、土木技術検定試験(いまさら)・・PCでの試験にびっくり(*O*)

0

    ご存知の方も多いと思いますが、土木学会では資格制度を設けております。

     

    土木学会認定土木技術者資格制度 | 土木学会 技術推進機構

    (以下、同上ページから引用)

    資格制度は、2001年度に開始された土木学会独自の土木技術者資格認定制度です。すでに技術士制度など多くの資格制度が土木分野にはありますが、本資格制度は、土木分野全般を対象として、倫理観と専門的能力を有する土木技術者を土木学会が責任を持って評価し、これを社会に明示することを目的として創設されました。
    本制度が目指す土木技術者資格は、名誉を目的とするものではありません。主に実務に携わっておられる土木技術者(教育・研究分野の方も含みます。)を対象として実務能力を認定するものです。また、本制度では、資格を通して「土木技術者」のキャリアアップの道筋を示しています。このことにより、本会は、本資格制度が次世代の土木技術者育成の道しるべとなることを期待しています。(引用終わり)

     

    遅まきながら、自分もチャレンジすることにしました。

     

    申し込み時期の問題も含め、とりあえず「2級土木技術者(土木技術者として必要な基礎知識を有し、与えられた任務を遂行する能力)」を目指すことにしました。

    これは、通年実施している「土木技術検定試験」で所定の点数が取れれば、実務経験1年で取得できます。

     

    土木学会認定土木技術者資格制度 | プロメトリック

    この試験は、土木学会から委託されたプロメトリック社が運営していて、PCで、選択問題の番号を画面上でクリックするだけで回答できてしまう試験です。詳細は上のリンクを参照ください。

    ほぼ毎日のように、かつ全国多くの会場(パソコン教室のような会場)で、それも好きな時間帯で受験できます。申し込みもオンラインで最短3日前でOKという、お手軽な試験です。たぶん、1000問以上の問題がストックしてあって、その中から試験回ごとにランダムに選び出して出してくる(出題は100題)機構なのだと想像します。

    しかも、PCなので、画面で終了をクリックした直後に、すぐに点数が出てきます。

     

    年1回の紙ベースの試験しか思い浮かばない、いまだにガラケーを使っている--;アナログな自分にとっては、なかなかにカルチャーショックでした。

     

    試験方法はさておき、

    この試験は土木系の学部卒レベルの人が受験することを想定した試験なので、いまさら落ちたら結構恥ずかしいかも、と、ビクビクしていました。

    一応、参考書も買って、勉強(2日漬けくらい)もして、試験に臨んだところ、意外にあっさりと認定レベルの点数は取れまして、一安心です。^^;

     

    JUGEMテーマ:土木


    コメント

    コメントする









    ▲top