テラテックなひとびと

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 今話題の?活断層を探して調査してきました。マニアックに楽しいひとときです(≧∇≦) | TOP | しばらく現地調査(それも現場間移動)が続きます(*_*)こんな大トンネルもあって一筋縄ではいきません >>

2012.11.29 Thursday

大事な仕事の相棒で、たぶんウチの稼ぎ頭(^_^;)の測定器の、内空変位計の紹介です

0
     



    今日から15日連続で、4つの水路トンネル調査の現場を次々と移動していく日々が続きます(^_^;)

    それらの業務に当たって、大活躍してくれる道具が、この内空変位計です。
    弊社の本HPの方にも紹介しています。

    内空とは、大雑把に言うと、ある空間の幅とか高さのことを指します。難しく言えば壁面間の距離です。
    トンネルは、究極的には山の圧力によって潰れる=トンネル幅や高さが縮まる方向にあります。
    言うまでもなく、そのような圧力をコンクリート壁で抑えようとするわけですが、悪い地質などのために大きな圧力がかかっていると抑えきれずに、壁にひび割れが入ったり、内側に押し出してきたり、などの変状が生じます。
    そのような箇所で、この測定器により、トンネル幅の変化(変位量)を精密に測定することで、壁面に現れている変状は今でも動いているのか、その速度はどれくらいかを確認することができます。

    ・・と、言うのは簡単ですが、その動きというのは、小さい断面のトンネルでは0.1mmオーダーの精緻なものなので、それなりに職人芸が必要になってきます。
    「そんなもの、今流に、光波とか、レーザー光線(?)のようなもので、パッパとできるのでは」・・などど思ったとしたら甘い。確かにそれらでも可能ですが、ミリメートルの精度を上回れません。
    大学等で工学課程の方でしたら、必ず1回は経験したであろうバーニア(副尺)読みが、この測定器を扱う上での重要なスキルのひとつです。

    当方は、そのような精密な監視を、それも、箇所によっては20年以上も積み重ねてきています。
    現場主義で、ローテクでの情報をこつこつと積み上げていくのが、当方の調査の根幹です。

    18:56 | 道具 | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする









    ▲top