テラテックなひとびと

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 現場に行くのも大変、荒れた林道をゴトゴト登っていきます。 | TOP | 今日の現場への通勤路は川原(^_^;)仕事か登山かよくわかりません >>

2012.12.03 Monday

笹子トンネル天井崩落事故は、トンネル技術者として他人事ではありません。謹んでお悔やみ申し上げます。

0
    昨日に大変痛ましい事故が起きてしまいました。

    犠牲になられた9名の方々のご冥福を心よりお祈りします。

    報道によると、崩落の原因は、天井を吊り下げるアンカーボルトが抜けてしまった、いわゆる経年劣化であるようです。

    報道でも繰り返し言われているとおり、高度成長期に建設された構造物の多くが更新時期を迎えております。
    ただ、それに対して様々な施策が執られていたことは事実です。
    幸いにしてこれまで日本では、震災などをのぞけば、橋などが寿命で崩落して被害がでることはありませんでしたが、今回はこのような非常に残念な事態となってしまいました。

    今回の事故は、鋼材設備の問題なので、当方の専門とは直接的には関係ありません。とはいえ、トンネル点検の看板を出している以上は、全くの他人事とは言えません。

    当方がこの件に直接に携わることはないでしょうが、今回の教訓を胆に銘じて、今後の業務に当たりたいと思います。

    コメント

    コメントする









    ▲top